カメラ用語の紹介 ~ISO、シャッタースピード、絞り~

制作をする際、写真を自分で撮れると、作品にオリジナリティが生まれ、少ない予算での制作も可能になります。カメラについての知識はあった方がプラスになるはずです。そこで、この記事ではデジタルカメラで写真を撮影するときの設定で登場するカメラ用語について紹介します。

ISO(読み:アイエスオーまたはイソ)

ISO感度は、カメラが光を感じる感度のことで、ISO100、ISO1600 のように数値で表されます。数値が大きい方が暗いところで手ブレが少なく撮影できますが、光を増幅させるときのノイズで写真が荒くなるので注意が必要です。暗いところでノイズを少なく撮影するには、後述のシャッタースピードを遅くし、三脚を使用して撮影します。

どのくらいISOを高くできるかは、カメラの性能によって異なります。晴れた日中の屋外で撮影する際は、ISO200程度に設定するのが一般的です。

シャッタースピード

シャッターを開いて、撮像素子に光を当てている時間のことです。シャッタースピードが早いと、動いているものが止まって写り、手ブレや被写体ブレを起こしづらくなります。また、同じISO、絞りなら暗く映ります。シャッタースピードが遅いと、動いているものがブレて写り、手ブレも起こしやすくなります。また、同じISO、絞りなら明るく映ります。

シャッタースピードは秒数で表されます。多くは1秒以下なので、1/100、1/200 のように分数で表示され、1秒以上の場合は 1″ 2″ のように表示されます。

絞り(F値)

絞りは、撮像素子に当てる光の量のことで、F4 F5.6 のようにFと数値で表されるのでF値とも呼ばれます。絞りを開ける(数値を小さくする)と、撮像素子に当たる光の量が多くなり、同じISO、シャッタースピードなら写真が明るくなります。絞りを絞る(数値を大きくする)と、撮像素子に当たる光の量が少なくなり、同じISO、シャッタースピードなら写真が暗くなります。

また、絞りは被写界深度(ピントが合って見える範囲)にも関わってきます。絞りを絞る(数値を大きくする)と、被写界深度が深くなり、ピントを合わせた場所の前後も広い範囲がくっきりと写ります。絞りを調節できないカメラでは、被写界深度は深くなっているのが普通です。

絞りを開ける(数値を小さくする)と、被写界深度が浅くなり、ピントを合わせた場所の前後がぼけます。メインの被写体以外をぼかしたいときは、絞りを開けて撮影すればOKです。ただし、その分写真は明るくなるので、シャッタースピードを速くして丁度いい明るさ(適正露出)になるよう調整します。

参考サイト

CSS 要素の重ね順を指定するz-indexの使い方4 ~スタックレベルについて~

前回の記事で、z-indexで重ね順を操作する際に重要な概念のスタックコンテキストの構造について紹介しました。もうひとつ、スタックレベルについての理解もz-indexの指定に必要なので、今回はスタックレベルに関して記事にします。

スタックレベルの仕様

スタックコンテキストと合わせて、スタックレベルの仕様も理解しておかないと、z-indexの指定が適切にできません。まずはスタックレベルの仕様について確認しておきます。

  • スタックレベルはz-indexで指定する数値のこと
  • スタックレベルはスタックコンテキスト内の重ね順を指定するもの

スタックレベルは前回の記事で紹介したスタックコンテキストの中での重ね順を指定するものです。別のスタックコンテキストに属する要素と数値を共有することはなく、スタックコンテキストごとに独立しています。つまり、以下のようなことが言えます。

  • Aの要素に z-index:0 を指定し、Bの要素に z-index:1 を指定したからといって、BがAの上に重なるとは限らない

Aの要素とBの要素が別のスタックコンテキストに属している場合は、数値通りの順番になるとは限りません。

スタックコンテキストとスタックレベルの関係

z-indexがうまく適用されないときは、スタックコンテキストとスタックレベルの関係を確認してみてください。ここでは、CSS 要素の重ね順を指定するz-indexの使い方2 ~スタックレベルとスタックコンテキスト~で紹介した、z-index指定がうまくいかない例について、スタックコンテキストの構造とスタックレベルを確認してみます。以下のような場合です。

z-index指定の失敗例

A、B、Cのボックスを奥から「C、B、A」の順で表示したいとき、z-indexの値をそれぞれ「A : 3」、「B : 2」、「C : 1」、で指定しています。

※コードは一部省略しています。

HTML

<div id="A">
  A → z-index:3
  <div id="B">
    B → z-index:2
  </div>
</div>
</div id="C">
  C → z-index:1
</div>

CSS

#A {
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  z-index: 3;
}
#B {
  position: absolute;
  top: 60px;
  left: 60px;
  z-index: 2;
}
#C {
  position: absolute;
  top: 120px;
  left: 120px;
  z-index: 1;
}

一見、「C、B、A」と並びそうですが、実際に表示すると下のように「C、A、B」の順になります。

実際の表示

※分かりやすいようにAとBのボックスを透明にしてあります。

A → z-index:3

B → z-index:2
C → z-index:1

この例では、スタックコンテキストの構造とスタックレベルは以下のようになっています。

上記例でのスタックコンテキストの構造とスタックレベル
要素 所属するスタックコンテキスト スタックレベル
#A html要素が作るスタックコンテキスト(ルートスタックコンテキスト) 3
#B #Aが作るスタックコンテキスト 2
#C html要素が作るスタックコンテキスト(ルートスタックコンテキスト) 1
※AとCのボックスはbody要素直下にあるとします。

このように、#Bのボックスだけ所属するスタックコンテキストが違うため、スタックレベル通りの順番にならなかったというわけです。#Bは#Aの作るスタックコンテキストに所属するため、#Aよりも後ろに来ることはできません。

#Aの後ろに表示したいのであれば、#Aでスタックコンテキストを作成してはいけないということになるので、#Aをさらに別の要素で囲むなどして、#Aと#Bが同じスタックコンテキストに所属するように構造を変更する必要があります。

このように、z-indexで思い通りの重ね順にするには、スタックコンテキストとスタックレベルについて知っておかなければいけないので、ご注意ください。

CSS 要素の重ね順を指定するz-indexの使い方3 ~スタックコンテキストの構造について~

z-indexのルール

前回の記事でスタックレベルとスタックコンテキストについて紹介しました。そこでz-indexには以下のようなルールがあると書きました。

  • スタックレベルで指定できる重ね順は、同じスタックコンテキスト内の重ね順

それを踏まえたうえで今回は、スタックコンテキストの構造についてもう少し詳しく解説していきます。

スタックコンテキストの構造について

HTML要素は、ルートスタックコンテキストを作成しますが、これは他のすべてのスタックコンテキストを内包しています。このように、スタックコンテキストは入れ子状に存在することができます。入れ子にしたスタックコンテキストは、上へ上へと重なって表示されます。

たとえば、section要素とその子要素のh2要素に position(static以外) と z-index を指定した場合、ルートスタックコンテキストの中にsectionの作るスタックコンテキストがあり、さらにその中にh2の作るスタックコンテキストがある、という構造になります。なお、html要素以外の要素が作るスタックコンテキストは、ローカルスタックコンテキストと呼ばれます。

ここで、z-indexを指定する際に知っておかなければいけない仕様があります。以下の2つです。

  • スタックコンテキストは、入れ子状になっていてもひとつひとつ独立していて、ひとつの要素が複数のスタックコンテキストに属することはできません
  • 他のスタックコンテキストに属する要素を、スタックコンテキスト内の任意のボックスの間の層に配置することはできません

これだけではわかりづらいので、section要素とその子要素のh2要素に position(static以外) と z-index を指定した場合で具体的な例を挙げると、

  • h2がsectionの作るスタックコンテキストに属することはない
  • h2をsectionより奥に表示させたり、sectionをh2より手前に表示させることはできない

ということが言えます。

実際にHTMLとCSSで試してみます。以下は、section要素とその子要素のh2要素に position(static以外) を指定したうえで、sectionに z-index:1、h2に z-index:0 を指定した例です。

※コードは一部省略しています。

HTML

<section>
  section要素 → z-index:1
  <h2>h2要素 → z-index:0</h2>
</section>

CSS

section {
  position: relative;
  z-index: 1;
}
h2 {
  position: absolute;
  top: 60px;
  left: 60px;
  z-index: 0;
}

実際に表示すると下のようになります。

※分かりやすいよう要素を透明にしてあります。

section要素 → z-index:1

h2要素 → z-index:0

スタックレベルはsectionが1でh2が0と、h2の方が小さいですが、表示はh2が上になります。これはsectionとh2がぞれぞれ別のスタックコンテキストを作っていて、表示順を入れ替えられなくなっているためです。

では、もしh2をsectionの後ろに表示させたかったらどうすればいいでしょうか。スタックコンテキストが入れ子になると順番の入れ替えができないので、sectionでスタックコンテキストが作られないようにします。具体的な指定の例を挙げると下のような感じです。ここではsectionとh2をdivで囲み、そのdivにz-index:0 、h2にz-index:-1 を指定しています。

div要素 → z-index:0

section要素 → z-index指定なし

h2要素 → z-index:-1

CSS 要素の重ね順を指定するz-indexの使い方2 ~スタックレベルとスタックコンテキスト~

前回の記事でz-indexの使い方のルールを紹介しましたが、z-indexの仕様についてほとんど触れずに書いたので、一部正しいとは言えない部分がありました。今回からは、もっとz-indexについて掘り下げて、正しい仕様を解説していきます。

z-indexで思い通りに重ね順が変えられない

z-indexは、仕様を理解せずに使っていると、思うように要素の順番が変わらないという事態に直面することがあります。たとえば、下のような例です。

z-index指定の失敗例

A、B、Cのボックスを奥から「C、B、A」の順で表示したいとき、z-indexの値をそれぞれ「A : 3」、「B : 2」、「C : 1」、で指定しています。

※コードは一部省略しています。

HTML

<div id="A">
  A → z-index:3
  <div id="B">
    B → z-index:2
  </div>
</div>
</div id="C">
  C → z-index:1
</div>

CSS

#A {
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  z-index: 3;
}
#B {
  position: absolute;
  top: 60px;
  left: 60px;
  z-index: 2;
}
#C {
  position: absolute;
  top: 120px;
  left: 120px;
  z-index: 1;
}

一見、「C、B、A」と並びそうですが、実際に表示すると下のように「C、A、B」の順になります。

※分かりやすいようにAとBのボックスを透明にしてあります。

A → z-index:3

B → z-index:2
C → z-index:1

BのボックスがAより前に来てしまう理由を説明するには、z-indexの仕様を知っておく必要があります。

スタックレベルとスタックコンテキスト(スタック文脈)

z-indexの仕様について理解するために重要な2つの用語「スタックレベル」と「スタックコンテキスト」について解説します。

スタックレベル

z-indexは、positionをstatic以外にしたうえで要素の重ね順を数値指定しますが、そのz-indexの数値のことをスタックレベルといいます。スタックレベルは、上記例のようにブラウザ上の重ね順と数値の大小が必ず一致するとは限りません

スタックコンテキスト(スタック文脈)

特定の親要素の中に入った子要素の集合のことをスタックコンテキスト(スタック文脈)といいます。「特定の親要素」とは、たとえば次のような要素です。

  • html要素
  • positionの値がstatic以外かつz-indexの値がauto以外(つまり、z-indexを有効にした要素)

html要素が作るスタックコンテキストをルートスタックコンテキストといいます。html要素はほかのすべての要素を含んでいるので、ルートスタックコンテキストは、そのHTML文書に含まれるほぼ全ての要素のグループとなります。

もう一つの「特定の親要素」に当てはまるのが、z-indexを適用した要素です。たとえば、sectionに position:relative と z-index:100 を指定したとき、sectionに含まれる見出しや段落などの要素でスタックコンテキストが作られます。

z-indexのルール

上記で解説したスタックレベルとスタックコンテキストは、z-indexの指定に大きくかかわってきます。z-indexの仕様に基づくルールは次の通りです。このルールを理解すれば、z-indexの謎の挙動も理解できるようになります。

  • スタックレベルで指定できる重ね順は、同じスタックコンテキスト内の重ね順

このルールがあるため、冒頭の例ではうまく順番が変わりませんでした。それについての詳しい解説は、次回以降の記事に書きます。

CSS 要素の重ね順を指定するz-indexの使い方1 ~指定のルール(仮)~

今回の記事から数回に分けて、要素の重ね順を指定するCSSプロパティz-indexの使い方や仕様について書いていきます。

z-indexは、指定方法を間違えると意図しない重ね順になってしまうことがあります。仕様をきちんと理解して記述するのが一番なのですが、それが非常に分かりづらいです。まずは、厳密な仕様については置いておいて、指定の際の簡易的なルールを覚えて記述することをお勧めします。z-indexの指定にある程度慣れてきてから正式な仕様を確認すれば、より理解が深まると思います。

z-index指定のルール(仮)

(仮)なのは、一部仕様通りではないと取れることを書いているからです。しかし、z-indexを使う分には、以下の認識でもそれほど問題ないはずです。

  • z-indexを記述する要素には、すべてpositionも記述する(値はstatic以外)
  • 兄弟関係の要素(同じ親要素の子要素同士)のときに重ね順が変更できる
    ※注 厳密には少し違いますが、慣れないうちはこう思っておくと分かりやすいです

z-indexを指定するときの簡易的なルールです。基本的には、上記の2つのルールで記述すれば要素の重ね順を変更できます。ただし、これは厳密な仕様通りのルールではなく、あくまで仕様を知らなくても簡単に指定ができるようにするための措置であることをお断りしておきます。

注意!

何度も書いている通り、上記のルールはz-indexの仕様に当てはめると厳密には一部正しくない部分があります。話を分かりやすくするために簡単なルールに置き換えているのでご了承ください。具体的には下記の部分です。

  •  兄弟関係の要素(同じ親要素の子要素同士)のときに重ね順が変更できる

兄弟関係の要素でなければ順番を入れ替えられないというわけではありません。記述方法によっては、親子関係の要素の重ね順を入れ替えることもできます。兄弟関係の要素でしか順番が入れ替わらないのは、親要素にもz-indexが数値で指定してある場合です。どうしてそうなるのか知るためには、z-indexの仕様について理解する必要があります。

正式なz-indexの仕様は、次回以降の記事で書きます。

CSS 色の指定方法について

CSSでは、文字や背景、ボーダーなど、いろいろなところで色の指定をします。色の指定方法で最も一般的なのは、RGBそれぞれの階調を16進数で表したカラーコードです。16進数は、1~9までの数字とA~Fまでの文字で数を表すので、2桁だけで0~255までを表現できます。これをRGBの順に2桁づつ並べて、先頭に「#」をつけて「#FFFFFF」というように書きます。

色の指定方法は、カラーコードのほかにもいくつかあります。以下に、指定方法をまとめます。

色の指定方法
指定方法 値の記述例 説明
カラーコード #FFFFFF RGBそれぞれの階調を16進数の2桁で表し、先頭に「#」をつけて記述します。
rgb rgb(255,255,255)
rgb(100%,100%,100%)
RGBそれぞれの階調を「 , 」で区切って記述します。階調は、0~255の数値か%での指定です。0%のとき「%」は省略できないので注意してください。
rgba rgba(255,255,255,0.5)
rgba(100%,100%,100%,0.5)
RGBの階調の後、透明度を0~1の数値で記述し、それぞれの数値は「 , 」で区切ります。階調は0~255の数値か%での指定です。0%のとき「%」は省略できないので注意してください。
その他
透明 transparent 透明を表す値で、背景色のデフォルトの値になっています。rgbaのrgba(0,0,0,0)と同じ指定(黒を完全に透明にしたもの)です。

ポートフォリオに使える無料モックアップ素材

デザイン業界などの就職で、一番重要視されるのがポートフォリオです。ポートフォリオは作成に結構時間と労力が必要です。納得のいく作品を集めて、作成してください。しかし、せっかくいい作品を集めても、見せ方によっては魅力が半減してしまいます。ポートフォリオ自体のデザインも見やすく、きれいに仕上げ無いといけません。

作品をより魅力的に見せたいとき、モックアップ素材を使うと効果的です。モックアップ素材とは、作品のデザインをはめ込むことで、印刷物なら実際に印刷したかのように、WEBサイトならPCやスマートフォンなどのデバイスに表示されたように見せるためのものです。

モックアップの例

名刺やフライヤー、パンフレット、Tシャツ、カン、ビン、PC、スマホ…などなど沢山の種類があります。

モックアップを使うだけで、デザインがより魅力的に見えるので、ぜひ試してみてください。

参考サイト

下記は、無料で使えるモックアップがまとめられたWEBページです。

モックアップ アーカイブ – PhotoshopVIP

Photoshopのパスの使い方

PhotoshopのパスはIllustratorのパスとは違い、そのままでは塗りや線を入れることができず、画像に何ら影響を与えません。ではどういうときに使うのか、使い方をまとめました。

パスの利用方法
利用方法 手順
選択範囲を作る 「パス」パネルでパスを選択(表示)し、パネル下部の「パスを選択範囲として読み込む」ボタンをクリック
ブラシの線を描く 「パス」パネルでパスを選択(表示)し、パネル下部の「パスの境界線を描く」ボタンをクリック
内側を塗りつぶす 「パス」パネルでパスを選択(表示)し、パネル下部の「パスを描画色を使って塗りつぶす」ボタンをクリック
ベクトルマスクを作成する パスが表示された状態で「レイヤー」パネル下部のマスク作成のボタンをCtrl+クリック

なお、パスを描画すると、「パス」パネルに「作業用パス」として表示されますが、このままでは新しいパスを描いたときに前のパスが消えてしまうことがあります。そういったことの無いように、パスを描いたら「パス」パネルでダブルクリックして保存しておきます。

また、パスはレイヤーに描画されるものではありません。どのレイヤーでも使用することができます。描いたはずのパスが表示されないときは、「パス」パネルで選択すれば表示されます。ただし、パスを保存していなかった場合は消えてしまっている可能性がありますので、注意してください。

HTML title属性の意味と使い方

今回は、HTMLのtitle属性についてです。title属性は、色々な要素に入れることができますが、dfn要素やabbr要素で使う際には特別な意味を持ちます。

title属性の意味

要素に補足情報を追加するための属性です。title属性の記述がある要素に、PCでマウスカーソルを当てると、ツールチップが表示されるのが一般的です。

使い方

  • 画像の著作権表記や説明に使う
  • 文章や語句の注釈や説明に使う
  • dfn要素で、定義される用語の正式名称を表す
  • abbr要素で、略語やイニシャルの正式名称を表す

使う際の注意

title属性に入れた値は、ブラウザでツールチップとして表示され、ユーザーの理解を助けてくれます。しかし、これはPCで見たときの話です。スマートフォンやタブレットで閲覧する場合、「ホバー(マウスカーソルを当てること)」ができないため、基本的にはtitle属性の中身を確認することができません。そのため、HTML5の仕様書ではtitle属性に頼ることは推奨されていません。title属性の中身を見られない環境でもコンテンツの内容は問題なく伝わるようにマークアップしてください。

Photoshop 移動ツールの「自動選択」チェックボックスについて

Photoshopでは、常にどのレイヤーを編集しているのかレイヤーパネルで確認しながら作業をしないと、描画するレイヤーを間違えたり、別のレイヤーを動かしてしまったりということがあります。特に移動ツール移動ツールは、「自動選択」にチェックが入っているかどうかで、挙動が変わるのでご注意ください。

「自動選択」とは

Photoshopの移動ツールを使用中、オプションバーに「自動選択」と書かれたチェックボックスが表示されます。これにチェックが入っていないときは、画像のどこをドラッグしても、レイヤーパネルで選択したレイヤーしか移動ができません。チェックが入っていると、レイヤーパネルでレイヤーを選択していなくても、画像をドラッグ(クリック)するだけで、ドラッグ(クリック)した部分を含むレイヤーが選択されます。

つまり、「自動選択」にチェックが入っているかどうかで、移動ツールでレイヤーを移動するときの操作が変わります。

「自動選択」チェックなし レイヤーパネルでレイヤーを選択してドラッグして移動。あらかじめ選択しておいたレイヤーしか移動しない。ドラッグする場所はどこでも良い。非表示のレイヤーや、隠れたレイヤーも移動できる。
「自動選択」チェックあり 動かしたいものを直接ドラッグして移動。自動でレイヤーが選択されるので、レイヤーパネルであらかじめ選択しておく必要がない。ただし、透明部分をドラッグしても移動できないので、描画ピクセルの上でドラッグする必要がある。

注意

「自動選択」にチェックが入っている場合と、いない場合で注意することをまとめておきます。

「自動選択」チェックなしの場合の注意点

  • 先にレイヤーパネルでレイヤーを選択しておかないと移動できない
  • 非表示のレイヤーや、隠れて見えないレイヤーも移動できる

「自動選択」チェックありの場合の注意点

  • レイヤーパネルで選択しているレイヤーにかかわらず、ドラッグしたものが移動する
  • グループごと移動したい場合「自動選択」チェックボックス横の選択対象を「レイヤー」ではなく「グループ」にする
  • 透明部分をドラッグしても移動できない
  • 非表示のレイヤーや、隠れて見えないレイヤーは移動できない