Illustrator 六角形から作る簡単なリボンの描き方

Illustrator 6角形から作る簡単なリボンの描き方

今回は、上の画像のような、文字の枠などでよくあるリボンを、六角形から簡単に作る方法を紹介します。

六角形からリボンを作る方法

1.六角形を変形させてリボンの原型を作る

手順1

Shiftを押しながら六角形を作成し、ダイレクト選択ツールで半分だけ選択してドラッグすると、四角形の左右に切れ込みが入ったリボンの原型ができます。

2.リボンを折り曲げるため分割する

手順2

リボンの上に長方形を2つ乗せ、整列機能で中央を揃えます。それらをまとめて選択し、パスファインダーの「分割」でバラバラにした後、不要な部分をダイレクト選択ツールで削除します。

3.立体的に折り曲げる

手順3

上の画像のように、真ん中の四角を移動しつつ、その左右の四角が平行四辺形になるように、合計6つのアンカーを選択してドラッグします。

4.裏側に折れた部分を作成する

手順4

切れ込みの入った図形全体と、その隣の四角の半分をダイレクト選択ツールで囲むようにドラッグして選択します。

5.色や形を整えて完成

手順5

編集>変形>ワープ でアーチ形にしたり、色を設定したりして完成です。

Illustartor 背面のオブジェクトだけを選択する方法3つ

今回の記事では、Illustratorでオブジェクトが同じ場所に重なっているとき、下のオブジェクトだけ選択する方法を3つ紹介します。レイヤーが分かれている場合は上のレイヤーをロックすればいいので、ここで紹介するのはレイヤーが分かれていない場合の選択方法です。

背面オブジェクトだけを選択する方法3つ

1.Shiftキーを使う(背面オブジェクトをすべて選択)

Shiftキーを押しながら選択すると、複数選択や選択解除ができますが、それをうまく使って背面オブジェクトを選択できます。背面オブジェクトはすべて選択されるので、複数ある背面オブジェクトから特定のものだけを選択することはできません

手順

  1. 重なったオブジェクトをすべて選択
  2. 最前面オブジェクトを Shift + クリック で選択(最前面オブジェクトの選択が解除される)

先に最前面オブジェクトを選択しておき、後でShiftを押しながら全体をドラッグしても同じことができます。

2.Ctrlキーを使う(背面オブジェクトのうち1つだけを選択)

Ctrlキーを押しながら選択したオブジェクトをクリックすると、背面オブジェクトの選択が可能です。クリックする度に、さらに背面のオブジェクトが選択されるので、特定の背面オブジェクトだけを選択することができます。ただし、複数のオブジェクトは選択できません

手順

  1. 最前面のオブジェクトをクリックで選択する
  2. Ctrl を押しながら2回クリックすると選択ツールのカーソル右下に「<」のような印がつき、上から2番目に重なっているオブジェクトが選択されます
  3. 以降はCtrl + クリック するたびにさらに背面のオブジェクトに切り替わります。

3.前面オブジェクトをロックする(背面オブジェクトを選択した後編集がしやすい)

前面オブジェクトをロックして、背面オブジェクトしか選択できないようにする方法です。背面オブジェクトを選択した後、移動したり変形したりといった作業をするならこの方法が便利です。色や線の設定を変える程度なら上記2つの方法で問題ありませんが、移動や変形をしようと思うと前面オブジェクトが邪魔になってくるからです。

手順

  1. 前面オブジェクトを選択して Ctrl + 2 でロック(オブジェクト>ロック>選択)
  2. 背面オブジェクトを選択して編集
  3. Ctrl + Alt + 2 でロックを解除

Ctrl + 3 でオブジェクトを隠しても同じような操作が可能です。

Illustrator アピアランス分割・アウトライン化の順番について

Illustratorでロゴや地図、イラストなど、どんな大きさで使うかわからないものを作成するときは、線や文字をアウトライン化します。アピアランスで塗りや線を追加しているなら「アピアランス分割」もしなければいけません。アピアランス分割とアウトライン化は、順番を間違えるとアウトライン化されない部分ができてしまうことがあるので、今回はその順番を紹介します。

アウトライン化の順番

1.まずはアピアランス分割

オブジェクト>アピアランスを分割 で、最初にアピアランス分割を行います。最初に分割しておかないと、アピアランスを使って線を追加している部分などが、うまくアウトライン化されません。

2.次に文字のアウトライン化

書式>アウトラインを作成(ショートカット:Ctrl+Shift+O) で、文字をアウトライン化します。線よりも前にアウトライン化しないと、文字に付けた線がアウトライン化されません。

3.最後に線のアウトライン化

最後に オブジェクト>パス>パスのアウトライン で線をアウトライン化します。

印刷入稿データは文字のアウトラインだけでOK

上記のように文字も線もアウトライン化するのは、どんなサイズで使うかわからないデータの場合です。印刷入稿データの場合は、拡大縮小することはないので、ほとんどの場合は文字のアウトライン化だけ行えば問題ありません。ただし、印刷所によってはアピアランス分割を行わなければいけない場合もあるので、印刷所のWEBサイトなどで確認を行うようにしてください。

スクリーンショットの撮り方(Win/Mac)

現在、WEBクリエイター養成科で地図作成の訓練を行なっています。作成する地図の下絵にGoogleマップを使っていますが、下絵にする際パソコン画面のスクリーンショットを撮って使用したので、今回の記事ではその方法を紹介します。WindowsとMacで方法が異なるので両方載せておきます。

パソコンのスクリーンショットの取り方

Windows

Windowsでは、スクリーンショットを撮るとクリップボードに保存された状態になるので、画像を見たりファイルとして残しておくには、「ペイント」やPhotoshop、Illustratorなどの編集ソフトにペーストする必要があります。

なお、Windowsで1つのウィンドウや選択した部分だけスクリーンショットを撮りたい場合は、そういった機能のフリーソフトがありますので、インストールを検討してください。「スクリーンショット フリーソフト」などで検索すると色々出てくると思います。

  1. PrtSc(プリントスクリーン)キーを押す
  2. クリップボードに保存されるので画像編集ソフトに Ctrl + V でペースト

PrtScキーのみで画像が保存されない場合は、Fn(ファンクション)キーを同時に押してください。

Mac

Macでスクリーンショットを撮ると、デスクトップにPNG形式で保存されます。ショートカットがいくつか用意されていて、画面全体を撮る以外に、1つのウィンドウだけ撮ったり、選択部分だけ撮ったりすることができます。

画面全体を撮る
Command + Shift + 3
1つのウィンドウだけ撮る
Command + Shift + 4
上記ショートカットでカーソルが十字になったら、Space を押すとカメラのカーソルに切り替わるので、その状態でスクリーンショットを取りたいウィンドウをクリックします。撮るのをやめたいときは、クリックする前に Esc を押します。
選択部分だけ撮る
Command + Shift + 4
上記ショートカットでカーソルが十字になったら、ドラッグしてスクリーンショットを取りたい部分を選択します。ドロップすると画像が保存されます。撮るのをやめたいときは、ドロップする前に Esc を押します。

Illustrator アピアランスを利用して線路を書く方法

地図を作成するときなど、アピアランスの機能を使って線路を描くことがあります。今回はその方法を紹介します。

線路の線は実線と破線を組み合わせて描く

線路の地図記号はいくつか種類がありますが、よくアピアランスを使って描かれるのはJR線と私鉄の記号です。これらの線は、実線と破線を組み合わせて描くことができます。

線路は2種類の線を組み合わせて作られる

Illustratorにアピアランス機能が実装される前は、2本のパスを重ねて作られていましたが、編集しづらいという欠点がありました。後で形を変えたいときに、2本のパスを全く同じ形に変形することは困難だからです。今はアピアランスを使って1つのパスに2本以上の線をつける事が可能になったので、非常に編集しやすくなりました

線路の書き方

JR線

  1. 黒い実線で線路のもとになる線を描く
  2. アピアランスパネルで「新規線を追加」する
  3. アピアランスパネルで一番上に表示されている線の設定を以下のように変更する
    • 線の色をにする
    • 破線にする
    • 線幅を黒の実線より少し細くする

アピアランスパネルと線パネルの設定例

JR線の設定例

私鉄

  1. 黒い実線で線路のもとになる線を描く
  2. アピアランスパネルで「新規線を追加」する
  3. アピアランスパネルでどちらかの線の設定を以下のように変更する
    • 破線にする(線分の長さを黒の実線の線幅と同じにする
    • 線幅を黒の実線よりかなり太めにする

アピアランスパネルと線パネルの設定例

私鉄の線の設定例

Illustrator トリムマークを作るときは線無しの設定で!

印刷物のデータを作るときは、トリムマークを作成します。トリムマークは日本の印刷業界では「トンボ」と呼ばれ、版の位置合わせや断裁位置の目印として使われます。そのため、トンボは作成したら移動したり、色を変えたりしないように十分注意してください。

紙の端まで印刷したい部分は、必ず外側のトンボ(外トンボ)の位置まで、塗り足し(裁ち落とし)を付けます。また、断裁で切れてほしくない重要なもの(文字や、人物の顔など)は、仕上がり線から3mm以上内側に配置します。

トンボの作り方

Illustratorでトンボを作成するには、印刷物の仕上がりサイズの図形を作成し、それを選択した状態で、オブジェクト>トリムマークを作成 を実行します。

このとき、仕上がりサイズの図形には線を付けないようにしてください。線がついていると、線幅も含め他サイズでトンボが作成されるので、線幅の分だけ大きくなってしまいます。トンボのサイズが用紙サイズと違うというのは印刷データの不備になるので、十分注意してください。

トンボは線無しのオブジェクトで作成

Illustrator 2つのアンカーポイントをつなげる「連結」機能の使い方

左右対称の図形を描く際に、半分だけ書いて反転コピーして作成すると効率的ですが、そのままでは左右バラバラのパスになってしまいます。そこで、「連結」機能で2つのオープンパスをつなげて1つにします。(参考記事:左右対称の図形を作るときに便利なリフレクトツール

このように、「連結」機能は、2つのアンカーポイントをつなげることができる機能です。左右対称の図形を描く以外にも、意図せずつながらなかったパスを後でつなげたり、複数のオープンパスを組み合わせて新しい図形を作ったりすることができます。今回の記事では、この「連結」機能の使用方法を紹介します。

「連結」の使い方

  1. ダイレクト選択ツールでつなげたいアンカーポイントを2つ選択する
  2. 右クリック>平均 を「2軸とも」にチェックして実行(ショートカット: Alt + Ctrl + J )
  3. 右クリック>連結 を実行(ショートカット: Ctrl + J )

「平均」や「連結」は、オブジェクト>パス から実行することもできます。

「連結」の際の注意

1.つなげられるのはオープンパスの端点のみ

アンカーポイントから3本以上の線を出すことはできません。そのため、パスの端点以外のアンカーポイントを連結することはできません。

2.アンカーが3つ以上選択されていると実行できない

上に書いたように、アンカーポイントから3本以上の線を出すことはできないため、3つ以上のアンカーポイントを選択すると連結ができません。必ず2つだけアンカーポイントを選択して実行します。アンカーポイントが密集しているときなど、意図せず3つ以上アンカーが選択されていることがあるのでご注意ください。

3.「連結」の前に「平均」を!

2つのアンカーポイントがピッタリ重なった状態で連結すれば、アンカーポイントは1つになります。しかし、アンカーポイントが少しでも離れていると、アンカー同士が線でつながれ、1つになりません。あえて間を開けておきたい場合以外は、アンカーポイントをピッタリ重ねた状態で連結しないと、無駄なアンカーができてしまうということです。

アンカーポイントをピッタリ重ねるには、「平均」という機能を使います。「2軸とも」にチェックを入れて実行すると、複数のアンカーポイントを同じ場所に持ってくることができます。

Illustrator ペンツールでアンカーポイントを打つ位置について

ペンツールの習得中には、アンカーポイントをどこに売ったらいいのか迷うと思います。以前ペンツールで曲線を書く際のポイントについて書いた記事では、「出っ張った部分に打つ」と説明しましたが、少し大雑把なので、今回の記事ではもう少し順序立てて書いていこうと思います。

アンカーポイントを打つ位置

アンカーポイントを打つ位置や数は決まっているわけではないので、人によって癖があったりしますが、目的の形にしようと思うと大体の位置は決まってきます。また、アンカーポイントを沢山打てば打つほど自由に曲げられますが、ガタガタ曲がりやすくなり、滑らかな曲線にするのは逆に難しくなります。無駄なアンカーポイントが多いとファイルサイズも大きくなってしまうので、できるだけ少ないアンカーポイントで描いた方が良いです。

アンカーポイントを打つときは、なるべく最小限の数で済むよう、次のように考えて打っていくと良いと思います。

  1. 描きたい図形をまず、直線と曲線に分解してみる
  2. 直線と曲線が切り替わる部分には絶対にアンカーポイントが必要
  3. 図形を分解してできた曲線が、アンカーポイント2つで描けるかどうか試してみる
  4. 形が合わないときは、ハンドルの向きと長さ、アンカーポイントの位置を変えてみる
  5. 曲線がアンカーポイント2つで描けないようなら、出っ張った部分にアンカーポイントを追加する

アンカーの位置

3 のとき、曲線が明らかに複雑で、見ただけで2つのアンカーで表せないことが分かったら、最初から 5 を参考にポイントを増やして書いてみてください。

5 の「出っ張った部分」とは、「描きたい図形を四角で囲ったときに辺に接する部分」です。必ずそこに打たなければいけないというわけではありませんが、大抵はうまくいきます。

Illustrator ロゴなどに線を使わないで仕上げるための「パスのアウトライン」

Illustratorは、ロゴなどの制作でよく使われます。ロゴは、WEBサイトや看板、フライヤーや名刺など、どんな大きさで使われるか分からず、拡大・縮小に強いベクターデータでの制作に向いているからです。ロゴ以外にも、地図やイラストなどがIllustratorで制作され、様々な大きさに拡大・縮小して使われています。

このように拡大・縮小して使う可能性のあるものは、「線を使っていないデータ」にするよう気を付ける必要があります。線が使われていると、拡大・縮小しても線幅は変わらないので、線と他の部分の比率が変わってしまうからです(下の画像)。

線を使ったオブジェクトを縮小した例

Illustratorの設定で「線幅と効果も拡大・縮小」にチェックを入れれば、線幅も同じ比率で一緒に拡大・縮小されます。しかし、普段はこの設定にチェックを入れないで使うのが一般的ですし、ロゴデータを使う人が、この設定にチェックを入れてくれるとも限りません。Illustratorの設定に関わらず、どんな環境でも正しく拡大・縮小されるようにデータを作っておくのが理想的です。

※「線幅と効果も拡大・縮小」は、編集>環境設定>一般 などからチェックを入れることができます。CS6以降のバージョンでは、変形パネルでチェックを入れると簡単です。

上記のような理由から、「線を使っていないデータ」が理想的なのですが、これは制作中に線を使わないということではなく、完成後に線の設定を無くしておくということです。そのために使う機能が「パスのアウトライン」です。「パスのアウトライン」を実行すると、線の部分が全て塗りのみのパスに変換されます。これを(線の)アウトライン化といいます。

ただし、「パスのアウトライン」を実行後は、線の設定が削除されてしまうので、線幅の変更などができなくなります。これでは修正があったときに大変なので、必ずアウトライン化前のデータもとっておいてください

Illustratorの変形パネルは計算ができる

Illustratorの変形パネルでは、加減乗除の計算ができるようになっています。横幅や高さを指定の倍率に拡大・縮小したいときや、「○○mm大きくしたい」といった場合に、自分で計算することなく変形が可能です。

変形パネルでの計算の方法

変形パネルで加減乗除の計算をするには、「 + 」「 – 」「 * 」「 / 」の記号を使います「×」や「÷」は使えないので注意してください。計算するときは、これらの記号と数値を単位の前か後に追加します。下の画像のような感じです。

変形パネルで計算単位の前

単位の前に計算を追加するか、

変形パネルで計算単位の後

単位の後に追加します。

また、この機能とは関係のない機能ですが、縦横比固定で変形をしたいとき、右端の鎖マークが外れた状態でも、幅か高さどちらか一方を入力し、Ctrl+Enterを押すと、縦横比固定の変形になります。こちらも便利なので、試してみてください。