イラストレーターで手書き風の線を描く方法いろいろ3 ~線幅ツールとアピアランスを合わせて使う~

線幅ツールとアピアランスで手書き風の線を作る

完成

前々回の記事前回の記事と手書き風の線を描く方法を紹介してきました。この記事で最後です。今回は、少し手間がかかりますが、線幅ツールで一つ一つのパスに強弱をつけ、効果「ラフ」や「パスのオフセット」を使って手書き感を出す方法を紹介します。

線幅ツールで強弱をつける

元画像

元画像

線幅ツールで強弱をつけていきます。線幅ツールでは、普通にドラッグするとパスに対して均等に線幅が変わりますが、Altキーを押しながらドラッグするとパスの片側だけ幅を変えることができます。

通常のドラッグaltキー+ドラッグ

線幅ツールで強弱をつけた状態が下の画像です。

線幅ツールで強弱を付けた状態

線幅ツールで強弱を付けた状態

アピアランスを使って質感を表現する

いくつかアピアランスを使って質感を表現します。手順は以下です。

  1. 線をグループ化する
  2. 効果>パスファインダー>追加 ※パスファインダーパネルの機能とは別物
  3. 効果>パスの変形>ラフ
手順3の状態

手順3の状態

  1. 効果>パス>パスのオフセット「0.2mm(例)、ラウンド」
    ※オブジェクト>パス>パスのオフセットとは別物
  2. 効果>パス>パスのオフセット「-0.3mm(例)、ラウンド」
完成

完成

手順4、5のパスのオフセットでは、一度太くしてから元の太さよりも細くすることで、自然なかすれを表現しています。パスのオフセットを適用する前に、「効果」のパスファインダーの「追加」を適用しておくのがポイントです。最後に、アピアランスパネルの様子を載せておきます。

アピアランスパネルの様子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>