カメラ用語の紹介 ~ISO、シャッタースピード、絞り~

制作をする際、写真を自分で撮れると、作品にオリジナリティが生まれ、少ない予算での制作も可能になります。カメラについての知識はあった方がプラスになるはずです。そこで、この記事ではデジタルカメラで写真を撮影するときの設定で登場するカメラ用語について紹介します。

ISO(読み:アイエスオーまたはイソ)

ISO感度は、カメラが光を感じる感度のことで、ISO100、ISO1600 のように数値で表されます。数値が大きい方が暗いところで手ブレが少なく撮影できますが、光を増幅させるときのノイズで写真が荒くなるので注意が必要です。暗いところでノイズを少なく撮影するには、後述のシャッタースピードを遅くし、三脚を使用して撮影します。

どのくらいISOを高くできるかは、カメラの性能によって異なります。晴れた日中の屋外で撮影する際は、ISO200程度に設定するのが一般的です。

シャッタースピード

シャッターを開いて、撮像素子に光を当てている時間のことです。シャッタースピードが早いと、動いているものが止まって写り、手ブレや被写体ブレを起こしづらくなります。また、同じISO、絞りなら暗く映ります。シャッタースピードが遅いと、動いているものがブレて写り、手ブレも起こしやすくなります。また、同じISO、絞りなら明るく映ります。

シャッタースピードは秒数で表されます。多くは1秒以下なので、1/100、1/200 のように分数で表示され、1秒以上の場合は 1″ 2″ のように表示されます。

絞り(F値)

絞りは、撮像素子に当てる光の量のことで、F4 F5.6 のようにFと数値で表されるのでF値とも呼ばれます。絞りを開ける(数値を小さくする)と、撮像素子に当たる光の量が多くなり、同じISO、シャッタースピードなら写真が明るくなります。絞りを絞る(数値を大きくする)と、撮像素子に当たる光の量が少なくなり、同じISO、シャッタースピードなら写真が暗くなります。

また、絞りは被写界深度(ピントが合って見える範囲)にも関わってきます。絞りを絞る(数値を大きくする)と、被写界深度が深くなり、ピントを合わせた場所の前後も広い範囲がくっきりと写ります。絞りを調節できないカメラでは、被写界深度は深くなっているのが普通です。

絞りを開ける(数値を小さくする)と、被写界深度が浅くなり、ピントを合わせた場所の前後がぼけます。メインの被写体以外をぼかしたいときは、絞りを開けて撮影すればOKです。ただし、その分写真は明るくなるので、シャッタースピードを速くして丁度いい明るさ(適正露出)になるよう調整します。

参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>