Illustratorに慣れないうちは間違って別のレイヤーに描かないように注意!

Illustratorを習得中、まだ慣れないうちは、「Aのレイヤーに描いたつもりが、いつの間にかBのレイヤーに描いていた」なんてことがあると思います。レイヤーが切り替わっていることに途中で気づけばいいのですが、気づかずに描いてしまって、オブジェクトがどのレイヤーに入っているのか分からなくなってしまうと、探す手間が増えてしまいます。

今回の記事では、描画するレイヤーが切り替わる条件と、オブジェクトがどのレイヤーに入っているか分からなくなった場合の探し方を紹介します。

レイヤーが切り替わる条件

  • レイヤーパネルでレイヤーをクリックして選択する
  • レイヤーに含まれるオブジェクトを選択ツールなどで選択する

描画するレイヤーは、上のような条件で切り替わります。「レイヤーパネルで選択する」ほうは、気づかず行ってしまうことはないと思います。しかし、「レイヤーに含まれるオブジェクトを選択する」ほうは、意識せずレイヤーを切り替えてしまいがちなので注意してください。

たとえば、あるオブジェクトの選択を解除しようと思ったとき、普通は何もない場所をクリックしますが、隙間なくオブジェクトが配置されているときは別のオブジェクトをクリック(選択)することがあります。このとき選択したオブジェクトが別のレイヤーに含まれていたら、レイヤーが切り替わってしまいます。「知らぬ間に違うレイヤーに描いていた」というときは、大抵このような操作をしてしまっています。

知らぬ間にレイヤーが切り替わらないようにするために

知らぬ間にレイヤーが切り替わるのを防ぐには、以下のようなことに気を付けてください。

  • 「オブジェクトを選択するとレイヤーが切り替わる」ことを理解しておく
  • 作業しないレイヤーはレイヤーパネルでロックしておく

オブジェクトがどのレイヤーに入っているか分からなくなったら

オブジェクトがどのレイヤーに入っているか探すには、以下のような方法があります。

  • レイヤーパネルでレイヤーをひとつひとつ非表示にしてみる(オブジェクトが消えたらそのレイヤーに入っている)
  • オブジェクトを選択して、レイヤーパネルの右端に出てくる■「選択中のアート」で判断する(ただし、レイヤーがロックされているなど、オブジェクトが選択できない状態では確認できない)

レイヤーを非表示にしてみるのが一番確実です。Illustratorを使うときは、どのレイヤーに描いているのか意識しながら作業をするようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>