Illustrator CC 変形パネルの「○○のプロパティ」を使うときの注意

Illustrator CC では、長方形ツールなどで描いた図形を選択した状態で変形パネルを開くと、「○○のプロパティ」という部分が表示され、図形の様々な設定を変更することができるようになっています。この機能で、長方形の角を丸くしたり、円形から扇形を簡単に作ることができます。後から値を変更することもできるので、大変便利です。

ただし、これはバージョンCC以降の機能なので、CS6以前のバージョンでは使えません。CS6以前のバージョンで図形を編集すると、この機能が使えなくなる場合があります

また、CS6以前のバージョンで編集するためにバージョンを落として保存したファイルをCCで開いた場合、開いた時点ですでに描画されている図形に関しては、設定した値が変わってしまう点に注意してください。(CCで新しく図形を描画した場合は、ファイルを開き直さない限りそのまま使えます。)

変形パネル扇形を作った例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>