Illustrator CC 2017 テキストオブジェクトを作成すると勝手に文字が入る機能を無効にする方法

先日から、訓練校のIllustratorがバージョンCC2017になりました。そこで「テキストオブジェクトを作成すると、勝手に文字が入るので、これを無効にしたい」と質問があったので調べたところ、Illustrator CC 2017の新機能「サンプルテキストの割り付け」でした。デフォルトの設定では、新規テキストオブジェクト作成時にこの機能が必ず実行されるようになっており、毎回勝手にサンプルテキストが入ります。CC 2017 をリリース時から使っている方には今更な内容になってしまいますが、今回はこの機能についてです。

正直、毎回この機能が実行されて便利に感じられる方は少ないのではないかと思います。どちらかというと、煩わしいと感じるのではないでしょうか。使っているうちに慣れるとは思いますが、無効にする方法があるので紹介しておきます。

「サンプルテキストの割り付け」を新規テキストオブジェクト作成時に適用しない設定

無効にするには、環境設定を変更します。編集>環境設定 を開き、「テキスト」の設定で「新規テキストオブジェクトにサンプルテキストを割り付け」のチェックを外せばOKです。

サンプルテキストの割り付けを無効にする設定

自動でサンプルテキストが入る設定を無効にしても、書式>サンプルテキストの割り付けで、任意のテキストオブジェクトにサンプルテキストを割り付けることはできます。

参考サイト

Illustrator でテキストを作成する方法 -サンプルテキストの割り付け|Adobe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>