Photohop 斜めに色分けされた文字の作り方1

斜めに色分けされたテキスト

今回の記事では、上の画像のような、斜めに色分けされたテキストの作り方を紹介します。Photoshopで作成しますが、「選択範囲を読み込む」の使い方がポイントです。手順が長くなりますので、2回の記事に分けて紹介します。

手順

以下のような手順で作成できます。

  1. テキストを入力する
  2. 長方形ツールでパスを作成する
  3. 長方形のパスのアンカーポイントを1つ削除し、三角形を作る
  4. 三角形のパスから選択範囲を作成する
  5. 三角形の選択範囲を保存する ←今回の記事でここまで紹介
  6. 文字の形の選択範囲を作成する
  7. 「選択範囲を読み込む」で「現在の選択範囲との共通範囲」を読み込む
  8. べた塗りレイヤーを作成する(レイヤーマスクがかかる)
  9. もう一度文字の形の選択範囲を作成する
  10. 「選択範囲を読み込む」で「現在の選択範囲から一部削除」して読み込む
  11. べた塗りレイヤーを作成する(レイヤーマスクがかかる)

1. テキストを入力する

文字を入力します。色の境目がはっきりわかるような、太めの文字が映えます。

2. 長方形ツールでパスを作成する

文字を囲むように四角形のパスを作成

長方形ツールで「パス」を描く設定にして、文字全体が納まる長方形を作成します。

3. 長方形のパスのアンカーポイントを1つ削除し、三角形を作る

三角形のパス

ペンツールを使って、長方形の角のアンカーポイントを1つ削除し、三角形のパスにします。

4. 三角形のパスから選択範囲を作成する

パスパネルで選択範囲を作成

パスパネル下部の「パスを選択範囲として読み込む」ボタンをクリックし、三角形のパスから選択範囲を作成します。

5. 三角形の選択範囲を保存する

チャンネルに保存された選択範囲

選択範囲>選択範囲を保存 で、三角形の選択範囲をアルファチャンネルで保存します。 続きは、次回の記事で紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>