Photohop 斜めに色分けされた文字の作り方2

斜めに色分けされたテキスト

前回の記事の続きで、Photoshopで斜めに色分けされたテキストを作る方法を紹介します。

手順

前回の記事で手順5まで解説しました。今回は手順6から解説します。「選択範囲を読み込む」の使い方がポイントです。

  1. テキストを入力する
  2. 長方形ツールでパスを作成する
  3. 長方形のパスのアンカーポイントを1つ削除し、三角形を作る
  4. 三角形のパスから選択範囲を作成する
  5. 三角形の選択範囲を保存する ←前回の記事でここまで紹介
  6. 文字の形の選択範囲を作成する
  7. 「選択範囲を読み込む」で「現在の選択範囲との共通範囲」を読み込む
  8. べた塗りレイヤーを作成する(レイヤーマスクがかかる)
  9. もう一度文字の形の選択範囲を作成する
  10. 「選択範囲を読み込む」で「現在の選択範囲から一部削除」して読み込む
  11. べた塗りレイヤーを作成する(レイヤーマスクがかかる)

6. 文字の形の選択範囲を作成する

テキストレイヤーのサムネイル( T のマークが表示される部分)を Ctrl+クリック し、文字の形の選択範囲を作成します。

7. 「選択範囲を読み込む」で「現在の選択範囲との共通範囲」を読み込む

現在の選択範囲との共通範囲で読み込む

選択範囲>選択範囲を読み込む で選択範囲を読み込みますが、このとき、「現在の選択範囲との共通範囲」にチェックを入れて読み込むことで、文字の選択範囲と三角形の選択範囲が重なっている部分のみ選択されます。

8. べた塗りレイヤーを作成する(レイヤーマスクがかかる)

べた塗りレイヤーを作成

作成した選択範囲を塗りつぶしますが、ここではレイヤーパネル下部の「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」ボタンから「べた塗りレイヤー」を作成します。選択範囲がある状態でべた塗りレイヤーを作成すると、自動でマスクがかかります。

9. もう一度文字の形の選択範囲を作成する

今度は文字の反対側を選択します。テキストレイヤーのサムネイルを Ctrl+クリック して、もう一度文字の形の選択範囲を作成します。

10. 「選択範囲を読み込む」で「現在の選択範囲から一部削除」して読み込む

現在の選択範囲から一部削除で読み込む

先ほどと同じように「選択範囲を読み込み」しますが、このとき「現在の選択範囲から一部削除」のチェックボックスにチェックを入れることで、文字の選択範囲から三角形の選択範囲と重なる部分を削除して選択されます。

11. べた塗りレイヤーを作成する(レイヤーマスクがかかる)

先ほどとは違う色でべた塗りレイヤーを作成して完成です。テキストレイヤーは非表示にしてしまってかまいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>