Photoshop 写真を水彩画風に加工する方法

Photoshop 写真を水彩画風に加工する方法

今回の記事では、Photoshopを使って写真を水彩画風に加工する方法を紹介します。手順は以下のページを参考にさせていただいています。

参考サイト

How To Create a Watercolor Painting Effect in Photoshop

手順

  1. 写真にフィルターをかける
  2. 紙のテクスチャで質感を出す
  3. ブラシツールで筆跡を表現する

1. 写真にフィルターをかける

今回使用した写真は以下の写真です。まずはこれにフィルターをかけて水彩風にしていきます。

元画像

沢山フィルターをかけるので、始めにどんなフィルターを適用するのか書いておきます。

  1. 写真をスマートオブジェクトに変換
  2. 効果>フィルターギャラリー>ドライブラシ (サイズと細かさは最大値、テクスチャ1)
  3. 「ドライブラシ」を複製 (サイズと細かさ 5 程度、テクスチャ1、描画モード「ピンライト」)
  4. フィルター>ぼかし>ぼかし(詳細)(しきい値100、画質「高」、描画モード「スクリーン」、不透明度50%)
  5. フィルター>表現手法>輪郭検出 (描画モード「乗算」)

初めに、写真のレイヤーを右クリックして「スマートオブジェクトに変換」します。これでフィルターの掛け直しが可能になりました。

効果>フィルターギャラリー>ドライブラシ を適用します。ブラシのサイズ・ブラシの細かさを「10」、テクスチャを「1」に設定します。

手順1

「ドライブラシ」を複製して編集します。レイヤーパネルのスマートフィルター「ドライブラシ」の部分をAltキー+ドラッグで複製します。複製したらレイヤーパネルで上に表示されている「ドライブラシ」をダブルクリックし、ブラシのサイズ・ブラシの細かさを「5」程度、テクスチャを「1」に変更します。

手順2

レイヤーパネルで上に表示されている「ドライブラシ」の右にあるアイコンをダブルクリックし、フィルターの描画モードを「ピンライト」に変更します。

手順3

さらに、フィルター>ぼかし>ぼかし(詳細) を適用します。しきい値は「100」、画質「高」に設定します。適用したら、レイヤーパネルで「ぼかし(詳細)」の右にあるアイコンをダブルクリックし、フィルターの描画モードを「スクリーン」、透明度を50%に変更します。

手順4

フィルター>表現手法>輪郭検出 を適用し、描画モードを「乗算」に変更します。すると、鉛筆の下書き線のような見た目になります。

手順5

2. のテクスチャで質感を出す

下のような水彩紙風の紙のテクスチャを用意します。

紙素材

写真のレイヤーの上に紙テクスチャのレイヤーを重ね、レイヤーの描画モードを乗算にします。

手順6

3. ブラシツールで筆跡を表現する

リアルな水彩のブラシを探してダウンロードします。

写真のレイヤーを選択し、レイヤーパネル下部の「レイヤーマスクを追加」ボタンをAltを押しながらクリックし、黒いレイヤーマスクを追加します。

描画色を白にし、何種類かの水彩ブラシでマスクに描画して、筆で描いたような輪郭に仕上げます。

完成

これで完成です。最後のブラシ操作以外は、アクションに登録すれば素早く適用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>