Photoshop 水面の反射を作る方法1

Photoshop 水面の反射を作る方法1

Photoshopを使って水面の反射を作る方法を紹介します。手順が多いので、2回の記事に分けて紹介します。

水面に写真を合成したとき、「水面の反射を作ったけれどしっくりこない」という経験はありませんか。合成したものを反転コピーして「ぼかし(移動)」をかけるだけでそれらしくなる場合もありますが、やはり水面の揺らぎがほしいということが多いと思います。

そこで今回は、フィルターの「置き換え」を使用して水面の揺らぎを表現するやり方を紹介します。今回使った画像は以下の2枚です。

川の写真家の写真

手順

  1. 家の写真を切り抜いて川の写真に貼り付ける
  2. 家のレイヤーを複製して垂直方向に反転、形を整える
  3. 映り込みのレイヤーに「ぼかし(移動)」を適用
  4. 「置き換え」のマッピングに使うデータを作成する
  5. 4の画像を使って「置き換え」を適用
  6. 映り込みの手前の部分が薄くなるようにマスクを適用
  7. 全体の色調補正

1.家の写真を切り抜いて川の写真に貼り付ける

切り抜いた家の写真

家の写真の切り抜きを行って、川の写真に合成します。今回は家の手前の植物の色調補正も行いました。

2.家のレイヤーを複製して垂直方向に反転、形を整える

貼り付けた家の複製を作り、垂直方向に反転して「反射」の部分を作っておきます。

反転した際、映り込みと建物の境界がうまくつながらない部分は、自由変形やパペットワープで変形してつなげます。

3.映り込みのレイヤーに「ぼかし(移動)」を適用

ぼかし(移動)

フィルター>ぼかし>ぼかし(移動)で垂直方向にぼかします。

とりあえずここまでで、簡単な合成は完了しました。しかし、まだ不自然なので、次回記事で映り込み部分に「揺らぎ」を作っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>