Photoshopのパスの使い方

PhotoshopのパスはIllustratorのパスとは違い、そのままでは塗りや線を入れることができず、画像に何ら影響を与えません。ではどういうときに使うのか、使い方をまとめました。

パスの利用方法
利用方法 手順
選択範囲を作る 「パス」パネルでパスを選択(表示)し、パネル下部の「パスを選択範囲として読み込む」ボタンをクリック
ブラシの線を描く 「パス」パネルでパスを選択(表示)し、パネル下部の「パスの境界線を描く」ボタンをクリック
内側を塗りつぶす 「パス」パネルでパスを選択(表示)し、パネル下部の「パスを描画色を使って塗りつぶす」ボタンをクリック
ベクトルマスクを作成する パスが表示された状態で「レイヤー」パネル下部のマスク作成のボタンをCtrl+クリック

なお、パスを描画すると、「パス」パネルに「作業用パス」として表示されますが、このままでは新しいパスを描いたときに前のパスが消えてしまうことがあります。そういったことの無いように、パスを描いたら「パス」パネルでダブルクリックして保存しておきます。

また、パスはレイヤーに描画されるものではありません。どのレイヤーでも使用することができます。描いたはずのパスが表示されないときは、「パス」パネルで選択すれば表示されます。ただし、パスを保存していなかった場合は消えてしまっている可能性がありますので、注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>